いつかきっと役に立つ

ミッション:ひなまつり!桃の節句料理を攻略せよ(その5)

Posted on: 3月 11, 2008

ひなまつりのお吸い物っちゅたらやっぱりはまぐりなんでしょうがね。はまぐりの買い置きなどあるハズもなく。。。春雨を発見したので、うちでは定番の鶏汁にしました◎あ、白玉粉があったので、紅白団子に挑戦してみましょ。

だんご入り鶏汁

だんご入り鶏汁
材料:

  • 親鶏肉…200g
  • 緑豆春雨…1つかみくらい
  • 白玉粉…100g
  • みつ葉…ちょこっと
  • 酒…大さじ3
  • 醤油…大さじ3
  • みりん…大さじ1
  • 顆粒かつおだし…小さじ1
  • 食紅…ほんのちょっと

作り方:

  1. 紅白の白玉団子をつくる。100gの白玉粉で30個くらいできます。粉を半分ずつに分けて白いのと赤いのを作っていきます。水で練りますが、かたさの目安は耳たぶとかよくいいますな。湿度によりますが、粉50gに対して50ccから80ccくらいスかね。赤玉のほうは練る水に食紅を溶いてから粉に混ぜます。水が薄っすら赤っぽくなる程度で良いみたいス。耳かきで1/2くらいかな。この食紅、量を間違えると毒々しい団子になるので注意が必要ですwちなみに下写真の団子は食紅耳かき1杯分くらいです。ちょっと濃いでしょうな。あんまりかわいいカンジではないw
  2. 団子を茹でる。なるべく大きなお鍋にたっぷりの湯で茹でるとやりやすいでしょうな。白から茹でます。気分的にwww♂全部で30個なので、紅白それぞれを16等分します。半分で8個分、そのまた半分で4個分ってしていくと簡単スね。ころころ丸めて沸騰したところにぽんぽん入れていきます。え~、先に全部丸めておくっちゅのができませんのでね。2個ずつとか工夫して丸めて手早くしたほうがいいでしょうな。茹で上がりの目安は、浮いてきてからちょっと煮て、表面がふっくらするまでです。そしたら水にとって冷まします。冷めるとオートで沈んでいきますのでね。そしたら水からあげておきます。
    紅白だんご
  3. 親鶏でだしをとる。2リットルくらいの水から肉を入れて沸騰するまで強火で、アクをだいたい取ったらあとは弱火で15分から20分くらい煮てこしておきます。強火でガツガツ煮ちゃうと、だしが白く濁っちゃいますのでね。しくしくと煮ます。
  4. だしに味付けして春雨を入れる。鶏だしに調味料を加えてひと煮立ちさせたら春雨を入れて柔らかくなるまで煮て火を止めます。今回は緑豆春雨にしましたのでね。ちょっと煮込みます。純米春雨ならさっとゆがいてだしをはるほうがよいでしょうな。
  5. 盛り付ける。団子は盛る直前に熱湯で温めます。茹でたときと同じように中まであたたまると浮いてきますのでね。そしたらお椀にとります。春雨とだしをはったらみつ葉を上にのせます。

みつ葉で気づいたんスがね。さっと茹でておいたほうが良いかもしれませんな。熱いだしの上にのせると色がところどころブチブチに黒く変わってしまうようでしたのでね。あ~、舞茸入れたかったな~。鶏だし×舞茸=最強www

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ろぐカレンダ

2008年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

進行中のミッション

【鹿角の文化財級建築物を調査せよ!】

Flickr Photos:canon

Blog Stats

  • 124,312 hits
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。